ささり子の備忘録

全雅志応援隊に捧ぐ〜初めて恋をした日に読む話

 

不憫オブ不憫の頂点に君臨する八雲雅志こと雅志、いや〜マジで不憫。だがしかしbut、私はそんな雅志が好きだし、永遠に雅志を応援していく所存です。皆さんついてきてください ((誰

てなわけで、雅志の不憫さを私の独断で評価していく、ミシュランならぬマサシュランを開催したいと思います (勝手に)

・・・・・・・・・・【1話】・・・・・・・・・・・

雅志「それでどうなんだよ?あっちのほうは 男方面の方とか 俺も今たまたま空いてるっちゃ空いてるし...さ いいぞ別に ほら男女の巡り合わせはタイミングって言うだろ 運命とか宿命って意外と身近に...あるっていうか」

順子「雅志 もしかして誰か紹介してくれるの?もう〜助かる〜ありがとう よっ いとこ 日本一」

マサシュラン ★★☆☆☆

これは雅志の言い回しがくどかった。ド鈍感な順子がこんなんで気付くわけがないんじゃ〜!でも「俺も今空いてるし」発言をしたのに全く気付かれない雅志はやっぱり不憫。てなわけで星2つ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雅志「順 今どき永久就職という考え方はないのか?」

順子「えっ?契約社員くずれの私に終身雇用の話なんて...」

マサシュラン ★☆☆☆☆

はぁん、もう、永久就職=結婚って考え方が順子にあると思ってんのかァァァ!雅志!20年もそばに居たらそれくらい分かるだろうが〜〜!!!バカ〜〜!! 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美和「初恋童貞こじらせて 仕事ばっかりして もうすぐ仙人になる人だから」

マサシュラン ★★★☆☆

初恋童貞!!うん。星3つだわ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

順子「雅志 ホントごめん 今日キャンセルさせて」

雅志「ああ あっ いいよいいよ 全然大丈夫 いや実はさ俺も 仕事残っててまだ会社だから じゃあそういうことなら頑張れよ」

マサシュラン ★★★★★

f:id:sachumariko:20190206181615p:image

退職祝いの薔薇の花束を用意して、オサレなレストランでソワソワしてる雅志を見ちゃったからァァァ〜 (号泣) デートの約束が決まった日からウキウキで、この日の仕事なんて順子とのデートのために一瞬で終わらしたくせにィィィ〜 (号泣) 文句無しの星5つや... (号泣)

・・・・・・・・・・【2話】・・・・・・・・・・・

雅志(15)「順子と平和な家庭を築いていますか?というか告白してますよね?オレ、まさかね?」

マサシュラン ★★☆☆☆

f:id:sachumariko:20190206192027j:image

15歳の雅志も雅志すぎて雅志だった。字が小さくなっていくところとか雅志すぎる (語彙力)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雅志「男子高校生が...膝に頭置いてガン飛ばしてるって何?そ...それは...それはな順子 思春期男子が何とも思ってない女によくやる行動だ 俺もな昔よく...何とも思ってない女によく...ほら...やったもんだ...(以下略)」

マサシュラン ★★★☆☆

こんな嘘ついちゃう雅志の方が永遠の思春期男子wwwだが愛おしすぎるんだwwwこれも初恋童貞をこじらせた結果だもんなぁ... 星3つ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユリユリのお友達「えっ!?ずんこ先生彼氏できたの?」

順子「ううん ただのいとこ」

マサシュラン ★★★★☆

恋のライバル ユリユリ&仲間たちの前で、好きな人にただのいとこだと紹介されてしまう雅志。ただのいとこ... ただのいとこ...

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美和「順のどこが好きなの?」

雅志「まあ...カワイイし...」「それと...まあ 何でもできたあの頃よりさ また頑張ろうとしてる今のあいつのほうが 余計諦めたくないっていうか...」

マサシュラン ★★★★☆

f:id:sachumariko:20190206212836p:image

10年以上のつきあいで「キレイ」「カワイイ」「好き」が言える男は年収3000万に値するからね!よく言った!はぁ... ほんとに20年間ずっと順子のこと好きなのが伝わってきて泣く。

・・・・・・・・・・【3話】・・・・・・・・・・・

美和「昔からの知り合い男子は?」「もはや家族って感じの?」

順子「そんな男子どこにいるのよ」

美和「八雲は男子にカウントされてないと」

マサシュラン ★★★☆☆

順子のいとこに産まれてしまったことが、雅志の不憫な人生の始まりかもしれないな (ただし恋愛に限る) まあ、いとこを男子にカウントするのは難しいだろうな。雅志の運命に星3つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

順子「雅志!八雲雅志覚えてる?私のいとこ」

山下くん「ああ〜覚えてるよ」

順子「ありがとう雅志 これでしばらく間がもつ」

マサシュラン ★★★★☆

順子が一番意識している男、山下くんとの会話の間をもたせる要員の雅志。モテモテエリート商社マンなのにこんな仕打ち... 星4つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雅志「デートコースはな 東京湾をクルージングして ジャズバーでいいムードになったところでだ!サプライズで(パチンっ) 生バンドのメッセージソング!どうだ?」

頭を抱える後輩くん「有り余るビジネスセンスを なぜ!恋愛には生かせないのか!サプラーイズ」

マサシュラン ★★★☆☆

仕事してる雅志はどちゃくそにカッコイイのに!カッコイイのに!のに!なぜ!そのカッコよさを順子との恋愛には生かせないのか!サプラーイズ

・・・・・・・・・【3話〜4話】・・・・・・・・・

雅志「梓弓か 3年もほったからしてたらダメだよな」「思いは伝えないと」「俺 お前が好きだ」

順子「雅志大丈夫?そんなに改まって感謝してくれなくても 私も久しぶりに運転できて楽しかったし」

マサシュラン ★★★★★★★★★★★★★★★★...∞

f:id:sachumariko:20190206204449p:image

雅志がどれだけ勇気を出して告白&バックハグをしたかと考えるだけで1日潰せる。こんなストレートな告白がデキる男だと思ってなかったんやけど、順子はその斜め上を軽く飛び越えてった。この告白で伝わらないなんて不憫すぎて泣く。星無限大だわ、こんなん (星5つのルールガン無視)

・・・・・・・・・・【4話】・・・・・・・・・・・

順子「今日会える?」

雅志「オレは 今 ロシア...」

マサシュラン ★★★☆☆

f:id:sachumariko:20190206202553p:image

いや、タイミングwwwwwwこんなん泣くwwwwww (合成ロシアを載せたいだけ説)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雅志「いや うちの保養所ホントすぐ近くでさ すごい偶然だな!一人だしさ 仕事終わったら飲みに来ねえか 露天風呂あるし 眺めいいぞ」

マサシュラン ★★★☆☆

絶対に偶然じゃないのに、“すごい偶然” を装う雅志。全視聴者に偶然じゃないのがバレてるのが草。順子がユリユリと3泊4日のお泊まりするって知って絶対にすぐ有給取ったろ、雅志。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雅志「露天風呂 入れないじゃん!入れないじゃん!入れないじゃん!!!」

マサシュラン ★★★★★

雨にまで邪魔をされる男、雅志。ところで、順子と一緒に露天風呂入るつもりだったんか??お菓子買ってもらえない5歳児みたいな反応に思わず吹いたwwwこれはさすがに星5つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユリユリ「好きなんですよね 春見のこと」「そんなん幸せじゃないですか 同い年で20年近くそばにいられて何の問題もなく告れて 死ぬほど羨ましいです」

マサシュラン ★★★☆☆

順子に告白&バックハグをしても恋心に気付いてもらえなかったのに、恋のライバル ユリユリには秒で順子への恋心がバレる雅志。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユリユリ「これ着ろ 濡れてないから」「これ(雅志の上着)脱いで」

マサシュラン ★★★★☆

ユリユリの前で、薄着の順子に上着を貸してあげるスマートな雅志。しかし、それが仇となる。ユリユリに嫉妬させてしまった。服を着せる雅志 vs 服を脱がすユリユリ。あちゃーーユリユリの勝ちだわ... 星4つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:sachumariko:20190206214344j:image

マサシュラン ★★★☆☆

断られ続ける雅志。仕方ない、有給取って来た雅志とは違って順子は仕事で来てるからwww (有給取ったとは言ってない)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:sachumariko:20190206215542p:imagef:id:sachumariko:20190206215523p:image

マサシュラン★★★★★

順子とユリユリが進展するのが怖くて、自分も同じ部屋に泊まるとな。インフル感染者と同じ部屋に泊まるから、ちゃっかりインフル対策。しかし、それが仇となる。ユリユリに時間を与えてしまった。インフル対策に時間をかける雅志 vs 順子が寝ている隙に手の甲にキス。あちゃーー (2回目) ユリユリの勝ちだわ... 星5つ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いや... マサシュランってなんだよ...