ささり子の備忘録

イケメン集めたお!〜2019秋ドラマ

 

もう11月とかさすがに怖いですね。しかもこのブログを開設してからもう1年経ってました。恐ろしや。

 

結構雑めだけど、私の独断と偏見でしかない イケメンBEST5~2019秋ドラマVer.~ を作ったお!

第5位  尾花夏樹(グランメゾン東京)

キムタクーーーーッッ!!!

f:id:sachumariko:20191110144126p:image

理由:キムタクのスター性

あんなにぶん殴りたくなるようなキャラクターなのに(すみません)、周りのみんなが尾花についていくことに納得できるのは絶対にキムタクの力。ここ何年間か本当にいろんなドラマを観てきたけど、ここまでスター性のある俳優さんってマジでいない。キムタクじゃないとこのドラマは成立してないと思う、割とガチで。

 

第4位  斎藤真(モトカレマニア)

これ以上罪を重ねんといて

f:id:sachumariko:20191110145930p:image

理由:高良健吾の顔がいい

ごめん。マコチの良いところを挙げようと思っても顔しか出てこない。「(ユリカにキスしたけど)付き合うとは言ってない」→さくら先生にキスしようとする→断られた後ユリカの家に行く→「キスしたの何となくとかじゃない」だけど「今は答えられない」

どう考えても最低だけど顔が高良健吾なので最高。うちんち来る???

 

第3位  成瀬竜(おっさんずラブ in the sky)

ビジュアル◎

f:id:sachumariko:20191110152647p:image

理由:ツンのデレが最高

少女漫画でありがちな最初ヤな奴みたいなポジション。春田、恋に落ちますね。それにしてもデレたーーーッッ!!2話にしてデレたーーーッッ!!可愛すぎて成瀬担萌死。

f:id:sachumariko:20191110132156p:image

パイロットの制服も素敵やけど、部屋着のタートルネックはホントにズルい。なんで私がタートルネック男子好きだって知ってんの?はぁ…罪深。

私と同じ成瀬担のために、私的ナンバーワンビジュアルの千葉くん貼っときますね。

 

第2位  木島葵(同期のサクラ)

たいへんよくできました♥

f:id:sachumariko:20191110132308p:image

理由:5話

葵くん回で急にランクインしてきた。「なんだよ、結構可愛い顔してんじゃん」「キスしたのも覚えてないとか?…冗談だよ」「こいつ俺の彼女の…」「なんならマジで俺と付き合わない?」グフォッ.............供給過多.............

葵くん、自分の顔が新田真剣佑だってこと認識してる?認識してるとしたら罪だし、認識してなくても顔が新田真剣佑なので罪です~完~

 

第1位  加瀬理人(G線上のあなたと私)

最年少優勝

f:id:sachumariko:20191110132339p:image

理由:言うまでもない

だれか!加瀬理人に酒を持ってこい!酒を!だめだだめだ、そっちは違う!ジョージには1ミリたりとも酒を与えるな!(スカーレット)

まず、中川大志くんの実年齢(21)に寄せてきたのが現実み増してて最高じゃない?そしてあの前髪。前髪守り隊の一員としてはマジであの前髪長めビジュアルがたまらん。「ガキの初恋の俺でこんなキツいんだもん…」のときのグシャッから乱れ始めた前髪がもうね、、、(言葉消失

酔っ払うと笑い上戸になる理人くんも、子供みたいになる理人くんも、目がとろーんってなる理人くんも、今にも泣き出しそうになる理人くんも、急に手を繋いでくる理人くんも、距離感バカになる理人くんも、とにかく私の好きな理人くんを1分に詰め込んだVR。是非!

 

ランキングには入り切らんかったけど、

圭介さんには「可愛らしいなあ」って言われたいし(ただしあき子さんのいない世界線です)、

f:id:sachumariko:20191110131916j:image

若宮ちゃんには獅子雄に振り回されていてほしいし、

f:id:sachumariko:20191110150553j:image

藍くんには手料理を振る舞われたいし、

f:id:sachumariko:20191110151324p:image

掛田氏にはゆで卵とフランスパンを持って芝生を駆けていてほしいし、

f:id:sachumariko:20191110132030p:image

桐山漣にはもっと良いドラマに出演してほしいし、そろそろ報われる役をやってほしい。

f:id:sachumariko:20191110151415p:image

 

いや、その桐山漣は日本ドラマ史に残る「やっほー!僕が当て馬だよー!」くらいの軽すぎるテンションで去っていった桐山漣やん